BRIDES DRESS

嫁ぐ日の和の装い。それは、美しい伝統美。
古典の柄行や伝統のスタイルにこだわった和装(打ち掛け・引き振袖)を多数ご用意しています。
和の装いもまた、選ぶ小物や色やデザインで、まったく違う表情を映し出します。
ぜひあなたらしい「着物」スタイルを創造してください。

-
-
色打掛 -

打掛という言葉は”うちかける”つまり”はおる”という意味。
白無垢から色打掛へ掛け替えをすることで、無垢な花嫁が嫁ぎ先の家屋へと染まりますという気持ちを表しているとされています。
金糸や銀糸などを使った刺繍物、生地に優美な文様を織り込んだ織物、生地に描かれた文様を彩色した友禅物など、その種類は様々。
熟練した伝統技術が冴える、格調高い華やかな姿は、お色直しにも人気の着物です。

画像をクリックしていただくと、大きなお写真でご覧いただけます。

page top